ページの先頭です

山梨県弁護士会について

イベント情報

福島の子どもたちに何が起きたのか~福島第一原発事故と小児甲状腺がん~

 福島第一原発事故後、福島の子どもたち(事故当時約38万人)の中から、350人以上の小児甲状腺がんの患者さんが見つかっています。小児甲状腺がんは、1年間で、100万人当たり2人程度しか罹らない、発生率の低い病気とされていて、これは異常ともいえる多発です。
 ところが、国や福島県は、原発事故と、これら甲状腺がんの多発との間に、関係はないといっています。
 それはなぜなのか、そして、それは本当に正しいのか。この問題に詳しい井戸謙一弁護士をお招きし、分かりやすくお話ししていただきます。
 また、実際に、甲状腺がんで苦しんでいる福島の若者にお越しいただき、自分が病気だと分かった後、どんな思いで生活をしてきたのかといったことなどについて、お話をうかがいます。
 今、福島の若者たちに、何が起こっているのか――。
 多くの方のご参加を、心よりお待ちしています。

開催日 2023年10月22日(日)
開催時間14:00~16:30
開催場所山梨県立大学池田キャンパス3号館101講義室

申込方法

予約不要(先着)(開場:13:30~)

定員

100名

当日の内容

<第1部>

14:05 オープニング映像
14:10 問題の所在(報告:山梨県弁護士会会員 中野宏典)
14:20 講演「福島第一原発事故と小児甲状腺がん」
     講師:井戸謙一 (3.11子ども甲状腺がん裁判弁護団長)
14:40 第1部・トークセッション
    (質問者:中野宏典  回答者:井戸謙一)

15:20 (休憩)

<第2部>

15:30 第2部・トークセッション(質問者:中野宏典  回答者:井戸謙一)
16:10 質疑応答

※福島の若者たちの参加が難しくなり、予定を変更しました。あしからずご了承ください。

チラシ(PDF)

231022 チラシ

主催・共催・後援

主催:山梨県弁護士会

お問合せ先山梨県弁護士会
TEL 055-235-7202

・当日、大学の駐車場が使用可能です。
・当日のお手伝いとして、高校生・大学生のボランティアスタッフを募集します。ご希望いただける方は、チラシ記載の左のQRコードかこちらからご登録願います。